先週末に用意しておいたBSアンテナ、ブースターを用いて施工を行った記録です。

下記のような問題点を解決するべく2万円程の予算で施工を実施しました。

  1. 雨天、台風時にBS、CSにブロックノイズがのる。悪いと録画失敗している
  2. 天候が悪い時にBS、CS録画後に見れないファイルが出来ていることがある
  3. 天候が悪い時にBS、CS録画後に何故か音声のみが録画(録音?)されていることがある
  4. ブースターを付けずに8分配+5分配している為に少し受信状況が悪くなるだけで録画失敗する事がある
  5. 5,6年前に設置したBSアンテナがコケだらけになってしまい、更に塗装も劣化した結果、電波の受信状況が芳しくない
最初に結果から記載すると
シャープ製のTVにて予めアンテナ、ブースター設置前後の受信強度を比較した結果は下記の通り。
施行前:受信強度(A) 数値:64
施行後:受信強度(A) 数値:93

受信強度がAからAに変化しただけで、数値は3割強アップしているだけのようですが、
目的は天候が悪い日に録画失敗しない事なので、一つの目安として・・・・

※下記、専用の測定機器を持っていない一般家庭でざっくりとTVに入る電波のレベルを配線状況から予測しているので、
  専門家からすると突っ込みどころは多々あると思いますが、細かいことは抜きに短時間で70点取れればOKと言う感覚で書いています。

9月に入ってPT3でBS放送、ないしはCS放送を録画する際に、
ブロックノイズが出ている時があり、どんな時にブロックノイズが出るのかの統計を取っていたところ、
ブロックノイズが出るのは天候が悪い日に集中しているのが解った。

BSアンテナは5,6年前に自分で設置した為、改めてBSアンテナを確認してみると、ボロボロ。

どうせなら宅内の受信環境を一括で見直してしまおうという事で、BS・CSアンテナの交換と、地デジ、BS・CS混合ブースターの追加設置までを行う事にする。

今回はそのTV受信環境の改善計画第一弾として、問題点の洗い出しと対処するための機材購入まで。大型の台風がきていたため、施工は来週の土日で。


2012年著作権法改正で10月からDVDリッピング関係が違法化されるようですが、PT3等のハードウェアの販売もグレーになりそうです。アースソフトの『事業者向け情報』を見ると、9月中までしか生産計画が無いのか、それともまだ書いてないだけなのかも不明瞭です。

9月末にかけてPT2の在庫を持っている店舗が一斉に在庫処分を行った後に、10月以降は店頭での入手が困難になる事態も想定できます。

8月下旬には12200円の最安値を更新した記事が、akiba PC hotlineに掲載されていましたが、10月前の在庫処分と勘繰り、coneco.netを見てみると、PT3はその後期待通りに特段値下がりしていない模様で、¥12,400~¥19,800で販売されていた。期待に反して値上がりしている?

今後どうなるのか予想が付かないので、取り急ぎ10月中に予備も含めて確保するのが吉?

# もしも、自分で店舗を構えていて、PT3の在庫があったら9月中に全部売り切ってしまいたいのが心情ですね。
■■ 目標
  • 録画時にH.264エンコードするかを選択できるようにする。
  • キーワード予約録画時にも常にH.264エンコードするか選択できるようにする。
  • H.264エンコードは2passで高画質にエンコードする。
  • 容量は30分あたり500Mバイト程度を目標にする。


前の投稿で記載した通り、PT3、ubuntu、epgrec環境で地デジ、BSに関しては、
問題なく録画できることが確認できましたが、CSの録画が上手くいきませんでした。
で、その原因を調べて対策をしたのが本記事です。

【8/9追記】
調べてみると、recpt1に--sidオプションを指定した場合には、
録画時にTsSplitterを実行した状態と同じように、TSファイルの不要部分を除いて録画されるとの事です。


■■ 前置き:CSで録画すると意味不明な大きなTSが出来ていた。
CS放送の場合、一つのチャンネルで複数の番組が放送されているとの事。
普通に地デジやBSと同じ方法で録画すると、CS16を録画した場合には6チャンネル分が一つのTSファイルに書き込まれる模様。

■■■ 更新履歴 ■■■

【2012/9/29】スマートカードリーダのバグや、電波状況による録画失敗対策を実施した結果を踏まえて加筆修正を行いました。

■■■ PT3関連記事 ■■■

PT3のLinux版ドライバが有志の方々の努力により開発を進められており、
その環境構築を行った際の覚書です。

■■ 事前に購入し、今回の構築で使ったもの。
今回のPT3サーバ構築にあたって下記のハードウェアを用意しました。
メモリを追加しても4万円以下と言う静かなPT3サーバとなりました。
メモリを追加しなければ3万円前後で構築可能です。

  • 富士通静音サーバ TX100 S3 (14000円程度)
  • PT3 (13600円程度)
  • ECCメモリ 8G (5000~8000円程度)
  • NTT-ME SCR3310-NTTCom or SCR3310/v2.0 (1500~2200円程度)
    (カードリーダはSCR3310の1000円程度の物もあったが、評価がさんざんだったので除外。)


※ちなみに、TX100 S3を買った時点で2Gのメモリがデフォルトでくっついています。
 普通に使うなら、メモリの増設は必要ありませんが、
 後で仮想化サーバ等も動かす予定なので、安いうちにメモリを追加購入した次第です。

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30